Sweden / Field Coffee

Lemmel kaffe

スウェーデンでは18世紀ごろからコーヒーが飲まれるようになりましたが、1960年代にドリップコーヒーが登場して現在のコーヒーの飲み方が確立する前は、水を入れたヤカンにローストして粗挽きしたコーヒー豆をそのまま入れ、煮だしたものを飲んでいたようです。
これはかつて山仕事をする人や猟師など屋外で仕事をする人々の間で多く見られた飲み方で、「フィールドコーヒー」と呼ばれていました。
レンメルコーヒーはこの現在ではほとんど見られなくなった「フィールドコーヒー」を復活させたラップランド発のコーヒーブランドです。